審査に通るのに最低限必要な条件とは?

キャッシング審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。お金を借りるにあたっては必ずキャッシング審査があります。しかし、借りたいけれど審査に通るか不安…という方もいらっしゃるでしょう。

 

キャッシング審査の審査基準は各社によって異なりますが、大体の傾向としては似たような傾向になると思っておいていいでしょう。

 

審査に通るために最低限必要な条件として、以下のような条件が挙げられます。

 

  • 仕事をしていて安定した一定の収入がある人
  • 年齢がキャッシング会社の定める年齢範囲内の人
  • 今までに返済で延滞などがない人

 

まずお金を借りるにあたって、返済するあてのない人にはお金を貸してはくれません。仕事をしていて安定した一定の収入があることは審査に通るための最低限必要な条件です。また、キャッシング会社ごとに利用年齢を定めていますのでその範囲内である必要があります。

 

また延滞や債務整理といった履歴が信用情報に載っていますと、その時点で審査に通るのは難しくなります。キャッシングは無担保・保証人なしで本人の信用をもとにお金を貸してくれるサービスです。過去にそうした履歴がある方の信用力では新たな借入をするのは非常に困難です。

 

収入は高くなくても大丈夫

キャッシング審査に通るための最低限必要な条件として、「仕事をしていて安定した一定の収入があること」が挙げられましたが、安定した収入と言っても収入は高くなくても大丈夫です。

 

一般的には年収200万円以上あればいいとは言われていますが、パートやアルバイトなどの収入の少ない方でも、毎月一定額の収入が安定継続して入っていれば利用は可能です。

 

キャッシング審査では収入が一番重要な項目というように考えている方もいらっしゃいますが、実はキャッシング審査はたくさんの項目から融資の可否を判断していきます。そして、収入は審査においてそこまで大きな影響をあたえる項目ではありません。

 

ではどんな点について審査では見ていくのか?キャッシング審査では、属性と信用情報という大きく分けてこの二つから融資の可否や融資額を判断していきます。

 

属性審査とは

属性というのはどのような人物が貸したお金をきちんと返してくれていたか?ということを過去の膨大な利用者データから導き出して、申込者の収入や勤務先、年齢などさまざまな情報と照らし合わせて点数化し(スコアリング)、審査していくものです。

 

例えばサラリーマンよりも公務員のほうがきちんとお金を返してくれる人が多かった、というデータがあれば、公務員はサラリーマンよりも属性が高い、点数が高いというように評価されるという具合です。

 

点数のつけかたや項目については各社で審査基準に違いがあるわけですが、ある程度は同じような傾向になります。

 

年齢

若いほうが属性審査の点数が高くなります。

 

職種

医師・弁護士・公務員は高評価、ついで正社員となります。

 

勤務先

公務員や上場企業は評価が高く、大手、中小と続きます。

 

健康保険証の種類

共済保険なら公務員、組合保険なら大手企業と、健康保険証は勤務先の証明書代わりになります。

 

勤続年数

重要度の高い審査項目であり、5年以上になりますと高評価になります。

 

年収

年収は一定額以上あれば十分とされます。400万円以上なら高評価、200万円未満はやや厳しい評価です。

 

居住年数

同じところに長期間住んでいるほど高評価です。一般的には5年以上が高評価となります。

 

住居形態

持ち家であれば家族名義でも本人名義でも高評価です。

 

家族構成

独身で家族と同居など、収入に対して自由になるお金の割合が大きいほうが評価が高くなります。

 

属性は総合点での審査になりますので、一つの項目がダメでも他の項目との合計で審査基準を上回っていれば審査に通る可能性があります。属性は入力された情報をもとにコンピューターでの自動化された審査になりますが、はじき出された点数をもとに最終的に融資の可否を判断するのは人間です。

 

信用情報とは

信用情報というのは銀行や消費者金融、クレジット会社など金融機関での日々のローンやクレジットカードなどの利用履歴を登録したものです。新規入会の際に個人信用情報機関に照会し、申込者の借入や返済の状況などの利用履歴を入手して審査を行います。

 

以前のキャッシング審査では、誰がどこでどのくらいのお金を借りているのかがわからない状態でお金を貸していました。そうした情報を把握するのが難しかったからです。そこで信用情報を共有する個人信用情報機関を作り、審査の際にインターネットで照会すれば誰がどこでどのくらいお金を借りているのか、そして返済はどうなっているのかといった情報が瞬時にわかるようになりました。

 

信用情報機関は現在3つの機関に分かれていて、ほぼすべての金融機関が信用情報機関に加盟しています。3つに分かれてはいますが、この3社が管理する信用情報はCRINと呼ばれるシステムによって情報が共有化されています。

 

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 全国銀行協会
  • 株式会社日本信用情報機関(JICC)

 

ではこの信用情報では具体的にどのような情報が管理されているのか?といいますと、以下のような情報がそれぞれ決められた保有期間で管理されています。

 

申込者情報

新規申し込みの際に返済能力調査をするため、加盟会員(金融機関側)が照会した事実を表す情報

  • 本人を識別するための情報(氏名や生年月日、電話番号等)
  • 申し込み内容に関する情報(照会日や商品名、契約予定額、支払い予定回数等)
クレジット情報

加盟会員(金融機関)と契約した内容や支払い状況を表す情報

  • 本人を識別するための情報(氏名や生年月日、電話番号、住所、勤務先名、勤務先電話番号等)
  • 契約内容に関する情報(契約日、契約の種類、商品名、支払い回数、契約額、契約終了予定日等)
  • 支払い状況に関する情報(報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動の有無、延滞解消日等)
  • 割賦販売法対象商品の支払い状況に関する情報(割賦残債額等)
  • 貸金業法対象商品の支払い状況に関する情報(確定日、貸付日、出金額等)
利用履歴

クレジットやローンの途上審査のためなど、加盟会員(金融機関)が照会した事実を表す情報

  • 本人を識別するための情報(氏名や生年月日、電話番号等)
  • 利用した事実に関する情報(利用日、利用目的、利用会社名等)

 

もしも審査に落ちてしまったら?

もしも審査を受けてみたものの落ちてしまったら、どうしたらいいのでしょうか。焦っていろいろなところに申し込みをしてしまっても、多重申し込みとして申し込みブラックとみなされてしまう可能性があります。まずはなぜ審査に落ちてしまったのか?そしてそのために何か取れる対策はあるか?考えてみましょう。

 

申し込み内容を見直す

まずは申し込み内容の見直しをしてみましょう。他社借入件数など、実際の数値よりも少なめに書いてしまっている、なんてことはありませんか?他社借入件数は信用情報機関への照会の段階ですぐにわかってしまいます。故意でなくとも申告した内容が事実と大きく異なるような場合には信用できない人として判断されてしまい審査に通らなくなってしまいます。

 

借入件数が多い時は借り換えなどで減らす

もしも借入件数が多くて審査に通らないというのであれば、そのまま他社に申し込みをしてもまた同じ理由で審査に落ちてしまう可能性があります。可能であれば、残債の少ないローンを優先的に完済させてしまい、とりあえず件数を1つでも減らしましょう。

 

審査が通りやすいキャッシング会社に変えてみる

審査基準は各社で異なるため、審査に落ちてしまっても次のところでは審査に通る、なんていうこともあります。ただし、あまり申し込み履歴が増えてしまっては申し込みブラックと見なされる可能性がありますので、その点には注意しましょう。また審査に通りやすいキャッシング会社に変えてみる、というのも一つの手です。