キャッシング審査に必要な書類はどんなもの?

キャッシング審査にはどのような書類が必要になるのでしょうか?

 

「お金を借りるのですから、住民票やなにか市役所で発行の書類が必要なのでは?」
「借金の契約なのだからハンコはもちろんいるはず」

 

などと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実は運転免許証があればお金は借りられます

 

本人確認書類

キャッシング審査の申込にはまず身分証明書が必要になります。申込者本人かどうかをキャッシング会社が確認するためです。本人確認書類はほとんどのキャッシング会社で必須で、借入額によっては本人確認書類だけあればお金を借りることもできます。

 

本人確認書類は運転免許証が一般的ですが、なければ健康保険証、パスポートなどでも大丈夫です。また引越しで住所変更があった場合など本人確認書の内容と申込書の記載内容とに違いがある場合には、公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NHKなど)や納税証明書、社会保険証などの提出が必要になりますので注意しましょう。

 

収入証明書

借入額によっては本人確認書類だけでお金を借りることもできる、と前述しましたが、借入額が規定の額を超えている場合には収入証明書の提出が必要になってきます。収入証明書には以下のようなものが例としてあげられます。

 

  • 源泉徴収票
  • 給与明細書
  • 課税証明書
  • 所得証明書
  • 税額決定通知書
  • 確定申告書
 など

※各キャッシング会社ごとで微妙に違いがありますので詳しくは各社公式サイトをごらんください。

 

収入証明書は消費者金融の場合には50万円を超える借入または複数社から合わせて100万円を超える借入の場合には提出が必要になると法的に定められています。

 

ただし、銀行カードローンの場合には銀行の融資ですから適用となる法律が違います。銀行カードローンの場合は100万円以上の場合や300万円以上の場合などと収入証明書が必要になる借入額の上限が銀行によってそれぞれ定められています。

 

他にも、勤め先が確認できる書類の提出が必要であったりですとか、各キャッシング会社によってそれぞれ必要書類には多少の違いがあります。申込前に何が必要なのかを必ず確認しておきましょう。