キャッシング審査の流れ

キャッシング審査はどのような流れになっているのでしょうか?審査の仕組みや手順など、あらかじめ知っておくと手続きがスムーズに進みます。

 

各社で申し込み方法など多少の違いはありますが、インターネットで申し込みをした場合の大まかな流れとしては次のようになっています。

 

申し込み

申し込みフォームに入力していきます。以下は一例であり、項目は各社によって異なります。もっとかんたんな項目だけで審査可能なところもあります。

 

  • 申込者自身に関する項目
  • 氏名、生年月日、性別、家族構成、子供の有無、電話番号、固定電話の有無

     

  • 自宅に関する項目
  • 自宅住所、住居形態

     

  • 勤務先に関する項目
  • 雇用形態、勤務先名、勤務先住所、勤務先電話番号、入社年月日、年収、職種

     

  • ・借入に関する項目
  • 現在の他社借入件数と金額、借入希望額

 

仮審査

申し込みが完了しますと、申し込みの際に入力した情報をもとに機械によるスコアリングで仮審査がはじまります。決められた数値に満たない場合には融資不可、満たしている場合には融資可となります。仮審査の段階ではあくまで基本的な項目のみを審査して融資の可否だけを判断しますが、会社によってはこの段階で限度額が設定されたりすることもあります。

 

本審査

融資の最終的な可否と融資額を決定する審査です。機械による自動審査の仮審査とは違い、本審査は人の手によって行なわれます。個人信用情報機関に照会してこれまでの利用履歴に問題はないかなどじっくりと審査されます。

 

契約

審査に通過しますと次は契約です。必要書類を提出して契約を結びます。必要書類の提出はメールで写真を送付する方法やアプリで添付して送ることができますが、自動契約機の利用でしたら自動契約機の画面の指示に従って書類提出を行いましょう。

 

融資

来店不要で自分の口座に振り込みしてもらう振込融資か、自動契約機に来店して契約後、ローンカードの発行を受けてからのキャッシングという方法があります。振込融資の場合、振込業務は銀行の営業時間内でしか行われませんから、それを過ぎてしまいますと翌営業日の振り込みになってしまいますので急ぎの融資の場合には時間に注意が必要です。