なぜ時間がかかるときがある?キャッシング審査

キャッシングの審査時間は早いところですと最短30分などと非常にスピーディーなのですが、口コミをみてみますとそうしたスピード審査を行っているキャッシング会社を利用した場合でも審査に時間がかかっているケースもなかにはあるみたいですね。

 

しかし、なぜ最短30分で終わる人もいれば、何日も時間がかかってしまう人もいるのでしょうか?やはり審査が遅いということは、融資は厳しいということなのでしょうか。

 

審査に時間がかかる=審査落ちとは限らない

審査に時間がかかる場合でも、必ずしも結果が悪いとは限りません。

確かに審査に何らかの時間がかかっているから遅くなっているわけですが、その理由には次のようなことが考えられます。

 

単純に申込が殺到していて審査に時間がかかっている

単純に、申込をしたキャッシング会社が人気が高くて時間がかかっているという可能性もあります。とくに平日お昼くらいの時間帯というのはキャッシング申込が集中する時間帯です。人気のキャッシング会社を選択していれば、申込が殺到して審査に時間がかかってしまうということも十分考えられます。

 

借入額が高額なので審査を慎重に行っている

審査には通る予定なものの、借入額が高額なため審査に時間がかかっている、という可能性もあります。消費者金融では貸金業法により、50万円以上の借入になる場合には収入証明書の提出が必要になります。提出された書類で確認しつつ、いくらまでなら融資してもいいか?慎重に審査を行っているために時間がかかっている可能性もあります。

 

融資可能か微妙なラインのため時間がかかっている

即審査落ち、というほどではないですが融資可能かどうか判定が微妙なラインの場合にも審査に時間がかかる可能性があります。例えば他社借入件数がやや多い、他社で返済に多少の遅れがある、など、やや不安な要素があるなどして融資の可否が微妙な場合にも、慎重に審査が行われるため時間がかかってしまいます。

 

こうしたケースでは審査に時間がかかったうえに最終的に審査落ち、ということも考えられますし、逆に時間がかかったけれども最終的に審査通過、ということもありえます。